2016年12月29日木曜日

LLNPU2016年ベストディスク!


今年もこの時期です。今年よく聞いたアルバムを記事にします。特に順位をつけているわけでないのでざざっと10枚紹介します。リンクがあるものはこのブログでもレビューを書いています。(画像は関係ありません)



1. American Football "S/T"



去年の来日公演も記憶に新しいアメフト。その新譜です。このブログ的にはあんまり触れないジャンルなんですが、結構よく聴きました。当然ながら前作をリアルタイムで追いかけていたバンドではないので、新作をこういう形で手に取ることができたのはとてもうれしい。




2. andprotector "COLD"



このアルバムは間違いなく今年一番よく聞いた1枚。ギターの轟音に包まれた温もりあふれる言葉に、今年は随分と救われた気がします。





3. Belvedere "Revenge Of The Fifth"



こちらもアメフト同様カムバック。昔のようにスピードがすべてなスタイルではなく、渋さが光る一枚。スピードがなくてもカッコいいのは、それだけじゃないってことなのだと思います。





4. Desolated "The End"



普段聞かないジャンルなんだけど、話題になっていたので聞いたらはまりました。来年はこういう系統も沢山聞いてみたい。





5. Into It, Over It. "Standards"




来日も見に行きました。すっと溶けていくような歌声から小気味よいリズムまで、圧倒されっぱなしの夜でした。





6. Modern Baseball "Holy Ghost"


このアルバムはよく聞きました。インディからの影響を色濃く出しておきながら、初めてポップパンクを聞いたときのドキドキする感じも併せ持つ面白さ。前作にはパンクロック的なゾクゾク(ドキドキとゾクゾクの違いは伝わるのか)を感じていたんですが、個人的にはこっちのほうが好きかも。





7. Mute "Remenber Death"



ご存じ。一気にエティエン先生の存在感が増した1枚。バカテク楽器陣が相変わらず健在な中、純粋にエティエン先生にそれを支配できるだけの強烈な個性があるんですよね。高速メロディックという枠ではなく、すべてのメロディック好きに聞いてほしい。




8. SHAMES "REBIRTH"



日本が誇る高速メロディックモンスター。このアルバムは本当にバケモノです。尋常じゃないくらいカナダです。これもすべてのメロディック好きに聞いてほしい。





9. To The Wind "The Brighter View"



これまでもたまに顔を出していたダウナーなパートが軸になり、一味違った魅力の出てきたアルバム。日本で見たいんだけどもう来てはくれないのかな。





10. Tripwire "What Comes Next"



前作のEPからは想像もつかないくらい大化けしました。EPの頃はまだスタイルが定まっていない感じもあったんですが、ブラジルでヨーロッパよろしくのテクニカルな高速メロディックといえば彼ら、って感じになったと思います。メンバーはこの秋まで大学生だったらしいです。どういう大学生だよ…




とりあえず以上です。今年はいつもより高速メロディックのバンドを多くチェックしたし、それに合わせてこのブログでもそうしたバンドのレビューが多かったなと思います。ここには挙げなかったけどAtomic WinterOur Darkest Days、スタイルは変わっちゃったけどTrophy Eyesも良かった。

あとはModern Baseballと同時期にリリースされたアルバムとしてTiny Moving Parts、PUPあたりもよく聴きました。この辺はどれをベストに入れるかかなり迷ったラインなので、まだの方はよかったらそっちもチェックしてみてください。



来年はどんなアルバムに出会えるかな!

0 件のコメント:

コメントを投稿